太陽光、ガス自家発電は住宅とセット購入

PR|羽村市で注文住宅を建てる

大阪府在住の40代会社員です。木造2階建ての建売住宅を大阪市内に購入しました。購入のポイントの一つに太陽光発電とガス自家発電がセットになっていたことがあります。太陽光発電ですが、売電で電気代が安く抑えることができるようになるとよく言われていますが、それを設置する際の初期コストは100万円近くかかります。

 

これを住宅購入した後で別で頼むとなると、かなりの思い切りがいります。また、ガス自家発電の場合も、初期コストも問題ですが、それ以上に浴室などの家の中の設備との接続が必要になるので工事も大がかりになります。
そういう意味でも太陽光発電とガス自家発電が購入するときに設置されていれば、コストの問題は住宅ローンに組み込む事ができるので負担は気にならない程度になります。
少し話しはずれますが、その他の付帯設備や工事も同じで住宅購入後に別途工事をするとなるとそのコストが結構負担になりますが、購入時に合わせて住宅ローンに組み込めばさほど負担になりません。ただし、住宅ローンによっては住宅本体のみしかローン対象にならないものもあり、財形住宅金融株式会社は外構工事すら対象に組み入れてもらえませんでした。

そういった場合は、会社の利子補給の限度額を財形貯蓄を使って財形住宅金融株式会社で借り入れて、残りを民間のローンにするなど、複数の金融機関でローンを組むのも一つの方法です。
それぞれを設置した事による効果ですが、ちょうど売電単価の高かったタイミングだったこともあり、電気代は売電と買電でほぼ差引ゼロです。(要は電気代はゼロ)また、ガス自家発電ですが、ガスで発電する時間に食器洗乾燥機や洗濯機などの大量に電気を消費するものを使用するようにしています。

そうしないと、蓄電機能や売電機能は搭載していないので、せっかくガスでできた電気が無駄になってしまいます。そのようにして、買電の量を節約していれば、前にも記載したような電気代ゼロになっています。

PR|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん|ショッピングカート|JALカード|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|童話|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|オーディオ|